ES 합금 이야기 5

1号機はLEDで点灯し、2号機はドリルがくるくる回るかなりいい物ですが···。現在プレミアムによって価格上昇がひどすぎますね。必ず備えなければならないブランド品のレベルではないのに、価格はそのブランド品を凌駕するので、少しもどかしい状況です。しかし、ゲッターロボというネームバリューを考えると、飛び跳ねるのも実は簡単ではないやつです。 (涙)コダム

10万ウォン以下でES合金が手に入るというメリットがありますが···正直、そのお金ももったいないです。 そしてお金よりももったいないのは飾り棚の席。近いうちに飾り棚の席が足りなければ処分0位になるやつです。デカマンの大ファンでない限りは購入しないことをお勧めします。以上でES合金についての私の短い知識をまとめてみました。 ESの方に入門される方に小さなお役に立てば幸いです。C級に分類されたやつらは物自体が悪いというよりは物のクオリティに比べて手に入れるのに努力と費用がとても大きい物たちです。 以前の製品なので、最近のやつらよりクオリティも落ちて高くもあり、そこに検索して待つ期間も長いし。ES合金を収集してなるべく隙間なくラインを埋め尽くしたい方でなければ、おすすめしたくないやつらです。 他のESをほぼ満たしてからも保有したいなら手に入れてください。1.ゲッターロボ可愛いデザインのため無理して購入しましたが。。。お勧めしたくはありません。 写真で見るとかなりフォースがあってかわいいですが、実際の製品は小さすぎる感じのせいで大きなメリットはないという感じです。さらに、最初から売り物がない時に避けるものすごい購入難易度を考えると、私もイタリア側の直接購入を通じて購入しましたが、その価格で購入した部分は少し後悔しています。全体的に悪くはありませんが、初期の製品なので、最近発売されている製品とクォールを比較できるレベルではありません。このやつをもらってから、同じく初期の製品である御所君と鋼鉄ジグは無理して手に入らないことに決めました。手頃な価格の中古品があればおすすめですが、大金を払って購入するのは止めたいものです。もちろん手に入りにくいやつなので、飾り棚に入れておくと胸がいっぱいになります。そして唯一のD級。デカマン